住宅ローン借り換え.biz

元利均等と元金均等

住宅ローンの返済方式には、元金均等返済方式と元利均等返済方式の2種類があります。

元金均等返済では、借入金総額を返済期間で割って毎月の元金返済額を計算し、それに直前の月末残高にかかる利息を上乗せしたものが月々の返済総額となります。つまり、借入金残高が多い初期には利息の影響で毎月の返済額が大きく、徐々にそれが少なくなってゆく返済方式です。

一方、元利均等返済は、毎回の返済総額(利息と元金の合計額)が最初から最後まで均等となる返済方式です。

 

 

公的融資やフラット35では、元金均等と元利均等の選択ができ、その他の民間融資では元利均等が基本(元金均等が選択可能な住宅ローンもあります)となります。

両返済方式のどちらが得ということはなく、あくまでもライフスタイルに合った方式を選択すればよいでしょう。

借入金額・金利・返済期間が同じであれば、元金均等返済のほうが支払利息総額は少なくなりますが、当初の負担は大きくなるため収入基準も高額となります。つまり、元利均等返済方式のほうが元金均等返済方式より収入基準が低いため借りやすいといえます。

保証料や団体信用生命保険料といったコストは借入残高にかかるため、当初の支払額が大きい元金均等返済のほうが元利均等返済よりも負担が少なくてすみます。

このように、同じ借入条件下では返済能力さえあれば元金均等返済の住宅ローンのほうがコスト的には有利です。

しかし、あえて元金均等ではなく元利均等を選ぶケースもあります。たとえば、もし当初から元金均等返済が可能なレベルの収入があるのであれば、元利均等返済を選択したうえで返済期間を短縮してしまうのです。返済期間を短くすると支払利息だけでなく保証料も節約でき、トータルで支払総額を少なくできるのです。

このように、返済パターンはいろいろ考えられます。住宅ローンの返済条件を決定する際には、現在と将来の返済能力と支払総額をよくシミュレーションして検討するようにしましょう。納得がいくまで金融機関と相談することをお勧めします。


ページトップ

home        |        運営会社情報        |        免責事項
Quantis,Inc. © 2010 All rights reserved.