住宅ローン借り換え.biz

住宅ローン関連用語集

 

 

固定金利

返済期間を通じた金利があらかじめ決まっているタイプの住宅ローン。公庫と民間の提携ローンである「フラット35」など。変動金利型と違って、金利上昇による返済額増大のリスクがない。

変動金利

年2回程度の金利見直し時に市場金利の変動を反映させるタイプの住宅ローン。金利上昇時には利息が返済額を上回って元本がまったく減らない「未払い利息」という状況が発生するリスクがある。

元利均等返済

毎月の返済額が、返済開始から終了まで同額となる返済方法。

元金均等返済

毎月返済する元金部分を均一にして、利息分を別途残高から計算して合算した金額を支払う方法。返済額は徐々に下がるのが特徴。

ゼロ金利政策

不況、デフレ対策として採用された金融政策。日銀が短期金利をほぼゼロにすることで総需要増大効果を狙ったもの。2006年に解除された。(厳密には 2000年までのゼロ金利政策と2001年以降の量的金融緩和政策に分けられるが、どちらもゼロ金利政策と呼ばれることが多い)

内入れ

一部繰上げ返済のこと。まとまった資金が出来た場合に、元金部分の一部を返済することで返済負担を軽減する方法。返済期間を短縮する「期間短縮型」と、毎月の返済額を軽減する「返済額軽減型」がある。

段階金利

住宅ローン返済の11年目から金利が上昇するタイプのローンで、11年目以降の金利を段階金利という。公庫融資で採用されていた方式。10年目までの金利を基準金利という。

公庫融資

住宅金融公庫から借り入れる住宅ローンを公庫融資という。70歳未満で、毎月返済額の5倍以上の月収があれば、基本的にだれでも申し込むことができるが、対象となる住宅には、土地の広さや建物の高さなどの制限がある。

ゆとり返済(ステップ返済)

最初の5年間の返済額を少なくして6年目以降に多く支払う返済方法。通常の方法よりも支払い総額が多くなるうえ、将来の収入というリスクもある。

ローンの借り換え

現在の住宅に住み続ける条件で、金利や返済方法が現在よりも有利な住宅ローンに借り換えることをいう。なお、公的融資から公的融資への借り換えはできない。

買い替えローン

住宅ローンの完済前に住まいを買い替えて、新たにローンを組み直すこと。

上限金利設定型

変動金利の住宅ローンに、金利上限が設定されているタイプのローン。金利が急激に上昇している局面でも、上限以上にはならないので安心できる。

住宅ローン控除

定められた条件を満たせば、各年の所得税額から一定額の控除を10年間受けられる仕組み。

新特例措置

業績悪化やリストラなどの原因で返済が困難になった場合に、返済期間を延長したり据置期間を設定したりすることができる制度。

任意売却

ローン借り主と金融機関との合意のもとで、競売開始前に対象となる住宅を任意に売却すること。短期間で物件を処理でき、売却額も競売よりも高くなる可能性がある。

競売

債権者が裁判所に強制執行の申立てをおこなって、担保となっている物件を強制的に競りにかけて処分すること。

未払い利息

変動金利型の住宅ローンを組んでいる場合において、金利上昇時には利息が返済額を上回って元本がまったく減らないという状況が発生する場合がある。この状況で、返済額を上回った支払い利息分を未払い利息という。

修繕積立金

マンションを購入した場合に、毎月発生する積立金。管理費と合計で2万円程度に設定される場合が多い。

フラット35

公庫ローンが廃止になるために受け皿として開発された長期固定金利タイプの住宅ローン。窓口となる金融機関によって金利が異なるのが特徴。


ページトップ

home        |        運営会社情報        |        免責事項
Quantis,Inc. © 2010 All rights reserved.